コラーゲンといえば、美肌に効果のある成分というイメージですが、実は抜け毛の予防に効果が高いことが解りました。コラーゲンが抜け毛とどのように関連しているのかをわかりやすく紹介していきます。

コラーゲンと髪の毛の関連性

髪の毛をつくる組織のひとつに「毛包幹細胞」という細胞があります。

この「毛包幹細胞」には「17型コラーゲン」というコラーゲンが存在し、髪の毛の育成や抜け毛の予防という役割を持っています。

抜け毛予防に効果のあるコラーゲンの種類

先ほど「17型コラーゲン」というコラーゲンが登場しました。この「17型コラーゲン」は、抜け毛を抑えるコラーゲンだと言われていますが、この「17型コラーゲン」は人工的に摂取したり、生成したりすることは残念ながら現段階ではできていません。

「17型コラーゲン」においては、摂取するというよりも、今あるものを「減らさない」ための努力をするという必要があります。

コラーゲンの取り方

「17型コラーゲン」は頭皮にコラーゲンを塗り込んでも、コラーゲンを沢山食事から摂取したとしても、コラーゲンのサプリメントを飲んでも、体内では生成されないコラーゲンです。

コラーゲン入りの美容液やシャンプーを使っても、コラーゲンドリンクを飲んでも、「17型コラーゲン」を増やすことはできないのです。ではどうしたらいいのでしょうか?

「17型コラーゲン」とビタミンCの関係性

「17型コラーゲン」は、ビタミンCにより増やすことができるということが科学的な実験で解明されました。ビタミンCを摂取すること、ビタミンCを直接頭皮に散布することで、「17型コラーゲン」をつくる遺伝子が多くなるという結果です。

「17型コラーゲン」を作るには、ビタミンCを摂取する必要があります。

ビタミンCの摂り方

ビタミンCが含まれている食べものは、ミカンなどの柑橘類、イチゴ、芋類です。

ビタミンCは、水に溶けやすく熱に弱い性質も持っているので、洗いすぎたり、茹ですぎたりしないことがしっかりと摂取できる方法です。

ですが、芋類を生で食べることや、柑橘系のフルーツを毎日沢山摂ることは、なかなか難しいことでもあります。

ビタミンCが摂れるような食生活を心がけながら、ビタミンCを含むドリンクやサプリメントを活用することで摂取効率が上がります。また、頭皮にビタミンCを直接塗ることでも効果が期待できますので、ビタミンCの配合された美容液を頭皮に使用することもおすすめです。

まとめ

「抜け毛予防にはコラーゲンが効く」ということは本当ですが、コラーゲンを直接頭皮に塗り込む、コラーゲンを沢山食べるという方法では、抜け毛予防には繋がりません。

「17型コラーゲン」はビタミンCにより機能を保つことができますので、ビタミンCを摂取する、ビタミンCを頭皮に塗ることで、抜け毛の予防に繋がると言えます。