女性ホルモン
女性の抜け毛には様々な要因がありますが、その中でも「ホルモン」が関与しているケースが多数を占めています。

抜け毛の原因となるホルモンは、「女性ホルモン」の場合と「男性ホルモン」の場合があります。その両サイドから、抜け毛の原因となる症状とそれらを改善する方法をご紹介をします。

女性ホルモンが抜け毛の原因になる場合

妊娠

妊娠中・出産後

妊娠している間の女性の体は、女性ホルモンが活発に分泌されています。本来ならこの女性ホルモンが抜け毛を促すことはありませんが、過剰に分泌されるとホルモンのバランスが崩れて、髪の毛が生え変わる正常なサイクルを壊してしまうことになります。

出産の後も、沢山分泌されていたホルモンが正常値に戻るまではホルモンが不安定な状態となり、抜け毛や薄毛が起こります。これらの症状は半年ほどで改善されますので、あまり思い悩まずにいることが大切です。

もし半年を過ぎても改善が見られない場合は、産婦人科の医師に相談をしてみましょう。

卵巣系の病気

抜け毛の量が非常に多い場合は、卵巣の病気である卵巣嚢腫や多嚢胞性卵巣症候群である可能性が考えられます。

卵巣の疾患により卵巣機能が低下して、女性ホルモンも減少します。やがてホルモンのバランスが乱れ始め、大量の抜け毛が起こります。

抜け毛の症状としては、頭部の広い範囲で抜け毛が起こり全体的に髪が薄くなる兆候が見られます。その他、体に現れる症状は、不正出血・生理不順・めまい・動悸などがあります。

大量の抜け毛がみられる時は、早めに婦人科を受診しましょう。

男性ホルモンが抜け毛の原因になる場合

男性ホルモン

女性男性型脱毛症・FAGA

女性の体には女性ホルモンはもちろんですが、男性ホルモンも存在しており、常に分泌されています。これから閉経を向かえる女性や、閉経を終えた女性、または病気や一時的な体調不良により女性ホルモンの量が著しく減少してしまっている女性は、女性ホルモンが減少することで、男性ホルモンが相対的に多くなる状態となります。

男性ホルモンが女性ホルモンと比べて相対的に増えることで、毛母細胞という頭部の細胞がその影響を強く受け、薄毛や脱け毛の原因を作ります。このように、男性ホルモンが影響を及ぼして起こる抜け毛の症状を「女性男性型脱毛症・FAGA(以下、FAGA)」と呼びます。

FAGAの改善方法

FAGAを治すには、体内の女性ホルモンが減少している原因を突き止めることが大切です。

一時的な体調不良が原因で女性ホルモンの分泌が低下しFAGAが起こっている場合は、休息を取る・体調を整えるなどの策を取ることで改善が期待できます。

閉経や病気により女性ホルモンの分泌が低下してしまっている場合は、生活の改善だけで著しい効果を得ることは、難しいでしょう。自分ひとりの力で対応するには限界がありますので、FAGA専門のクリニックを受診することをおすすめします。

多くのFAGA専門クリニックでは、薄毛や抜け毛の問題を専門としている医師が直接カウンセリングを担当しています。専門クリニックでの治療は、医師による医療行為ですので安心です。

まとめ

ホルモンのバランスが崩れることで起こってしまう、女性の抜け毛や薄毛の症状をご紹介しました。自分自身に該当すると感じる症状がある場合は、その改善に努めましょう。

時間が経過しても改善が認められない場合や、あまりにも抜け毛の症状が深刻・不安な場合は、専門家によるカウンセリング・医師による診察を受けるようにしましょう。